革製品は一生モノと思っていたら、大間違い!
どんなに丈夫で高級な革でも、革は生き物です。正しいケアをして大切に扱ってこそ、長持ちするのです。革製品を愛する2社が、正しい革のケア方法をお届けします。


皮革製品のお手入れは一番最初に十分な防水処理を施すことです。ご購入後に出来るだけ新しい段階で防水処理を十分にしましょう。コロニルの製品は液剤が皮革に浸透し、通気性を損ないません。
「え!?防水スプレーは雨の時に使えばいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、皮革製品を水や汚れから守らなければなりません。最初に防水処理をすることで水や雨はもとより油、雨ジミや細かいホコリを皮革に付着しづらくすることが出来ます。
また、防水処理をしておくと汚れが付着しても非常に簡単に落とすことが可能になります。

革の一般的な特徴…革がほかの素材より優れている点は
①銀面が美しく、感触が優れている
②保湿性があり、触れると暖かく感じる
③吸収性に優れている
④気温による風合いの変化が少ない
⑤切り口が避けにくく、綻びない

 また、皮革特有の特徴は親水性の高さです。大気中の水分が多い時はよく吸収し、乾いていると水分を放出します。
さて今回お手入れするライダーズレザージャケットはバイク用らしい重厚感のあるしっかりした作りのジャケットで、牛革の型押しです。


コロニルバイククリーナーをよく振り、テレンプに適量(ピンポン玉2個分くらい)取ります。

ムース状のクリーニング剤をテレンプによく馴染ませます。

クリーニング剤をジャケットに薄くのばし、テレンプで軽く擦りながら汚れを拭き取ります。

その後、乾いた綺麗なテレンプで十分に乾拭きします。そうすることでツヤとなめらかさが甦ります。


★ ポイント!
内側からジャケットを押し出しながら擦ると、毛穴や型押し部分の溝の汚れを容易に取り除くことが出来ます。



<写真1>
クリーニングをする前の状態です。
写真からも汚れで型押し部分との色の違いが分かります。
<写真2>
バイククリーナーでクリーニングをした後の状態です。
汚れが綺麗に落ち、このジャケット本来の白さと風合いが甦ってるのが写真からも分かります。
<写真3>
クリーニングを施した袖(写真右)と何もしていない汚れが付着した状態の袖(写真左)との比較です。この写真からもクリーニングを施した袖には本来の白さが蘇った様子が分かります。
<写真4>
汚れの酷い左肩部分の一部分だけにクリーニングを施したものです。 汚れが落ちた部分の白さと汚れが付着した部分との色の違いが歴然と しています。



汚れが綺麗に落ち、皮革の色の鮮やかさが甦ったジャケットに防水処理を施します。ジャケットをハンガーに掛け、コロニル バイクプロテクションを約20〜30センチ離して水平にスプレーして下さい。

★ 注意
ジャケットを寝かせた状態で、真上から下方へ向かってスプレーは絶対にしないで下さい。液剤が液垂れして皮革にシミを作る原因となる場合があります。


スプレーした液剤が革に浸透したら綺麗なテレンプで乾拭きをして下さい。


防水処理を施したら、今度は皮革に栄養を与えます。植物性オイルベースのコロニル バイククロージングを少量テレンプに取ります。

栄養クリームをジャケットに満遍なくのばします。

テレンプで乾拭きをして磨きをかけます。これにより光沢感とひなやかさが甦ります。


今回お手入れしたジャケットはライダーズということもあり、使用感があり汚れがかなり付着していました。また、皮革が乾燥してしなやかさも低下している状態でした(写真左上)。
新品やまだ新しく汚れが付いていない状態の皮革には防水処理を施しますが、ある程度使用した皮革のお手入れはまず汚れを落とすことから始めます。

今回はコロニル・バイクシリーズのバイククリーナーを使って汚れを落としました。
ジャケットの内側から表面の皮革を押し出し、軽く叩く感じで型押し部分の溝や毛穴の汚れを落とすことがポイントです。
汚れが酷く落ちにくい時は、2〜3回繰り返し使用します。乾いた綺麗なテレンプで十分に乾拭きをすることで、革本来の風合いと自然なツヤが甦りました。

コロニルの防水スプレーは皮革の内部に液剤が浸透するタイプ(フッ素系)なので平面部分はもとより屈曲部分にも素材の通気性を損うことなく十分な防水効果を得ることが出来ます。
ポイントは必ず20〜30センチ離し、水平に噴射する点です。皮革にスプレーした液剤が浸透したらここでも乾拭きをするのを忘れないで下さい。

最後に仕上げとして皮革に栄養を与えました。ワックス系のバイククロージングを革にのばし、乾燥していた革に油分を補給しました。
これにより、革にしなやかさが甦り、潤いを与えることが出来ました。もちろん、最後に綺麗なテレンプで乾拭きをし、磨きをかけて今回のお手入れは完了しました。

お手入れにかかった時間は30分〜1時間位です。左下の写真からも分かりますが、見違える程に綺麗になりました。


◆ 今回お手入れに使用したコロニルのアイテムはこちら



写真左から
『バイククリーナー』 容量300ml ¥1,680
使い込んだ皮革を引き締めながら、汚れを落とします。クリーニングして保護すると同時に、皮革に栄養を与えます。また、色の鮮やかさを復活させる効果もあります。

『バイクプロテクション』 容量300ml ¥1,890
高価フッ化炭素配合なので、皮革の内部に浸透し、効果が長く持続します。また、通気性を維持しながら、完全に近い防水効果が得られます。皮革のみにとどまらず、ゴアテックス、シンパテックス素材使用のハイテクマテリアルにも対応しております。

『バイククロージング』 容量250ml  ¥1,995
植物性オイルベースなので、老朽化した皮革に栄養を与え乾燥から守り、色の活性化を促します。

『テレンプ』 ¥420
上質なコットン素材を使用。極細な繊維が革を傷つける事なくお手入れ出来ます。